追手門学院大学校友会

校友会とは

ご挨拶 組織図 沿革 校友会会則 年間スケジュール

沿革

母校キャンパスの南端(現・追手門学院中学高等学校グラウンドの南)に、緑豊かな小高い丘がある。藤原鎌足公の古墳があって、昔から将軍山と呼ばれてきた。

本会は、昭和46年5月30日に結成総会を開き、大学同窓会将軍山会と命名した。

昭和60年4月1日、本会は、追手門学院校友会山桜会の大学部会としての立場を捨てて、独立し、名称も追手門学院大学校友会と改め、将軍山会の愛稗は俗称とすることにした。

SINCE1966

現在、正会員総数は 40,722名である。

本会は、母校の創立20周年を記念し、その行事を盛り上げる意味で、大学当局と学友会との合意を得て、左記のシンボルマークを作成。

色彩は母校のスクール・カラー(DIC181ライトブルー)とした。

学校 校友会
大学設置の為に天野利武先生学院長に就任 昭和39年
(1964年)
 
追手門学院大学開学 初代学長天野利武先生 昭和41年
(1966年)
 
学院創立80周年記念式典に高松宮殿下来校 昭和43年
(1968年)
 
第1回 卒業式 昭和45年
(1970年)
 
3号館竣工 昭和46年
(1971年)
同窓会将軍山会(校友会将軍山会)結成総会
  昭和48年
(1973年)
将軍山会報創刊
新大阪ホテルにて総会・懇親会
  昭和49年
(1974年)
将軍山会主催にてハワイ旅行を実施
大阪ロイヤルホテルにて総会・懇親会
  昭和50年
(1975年)
会計事務を大学に委託
学友会と協定書を交わし、終身会費を授業料請求時に徴収
大阪ロイヤルホテルにて総会・懇親会
大学創立10周年記念式典 昭和51年
(1976年)
 
  昭和52年
(1977年)
学生会館竣工に伴いデジタル時計を寄贈
4号館竣工 昭和59年
(1984年)
 
  昭和60年 (1985年) 追手門学院校友会山桜会の大学部会から独立して、追手門学院大学校友会と名称を改め、将軍山会の名称は俗称とした
大学創立20周年記念式典 昭和61年
(1986年)
初代学長天野利武先生顕彰碑を建立
校友会のシンボルマークを制定
学友会センター竣工 昭和62年
(1987年)
校友会役員学校法人追手門学院の評議員候補者に推挙
校友会名簿の発行(第1号)
学院創立100周年記念式典 昭和63年
(1988年)
 
  平成2年
(1990年)
卒業記念品に造幣局製の「青銅製の章牌」を贈る(以後も毎年継続)
上海師範大学校友会招聘
  平成3年
(1991年)
大学創立25周年記念講演会を主催講演者
竹村健一(元本学教員)
東京支部の結成
ホームカミング・デーを開催
(以後も毎年継続)
校友会名簿の発行(第2号)
  平成5年
(1993年)
中・四国支部結成
  平成6年
(1994年)
九州支部結成
  平成7年
(1995年)
阪神大震災再起復興義援金の募金活動
大学創立30周年記念式典 平成8年
(1996年)
東海支部結成
5号館竣工に伴い時計塔を寄贈
大阪帝国ホテルにて総会・懇親会
  平成11年
(1999年)
校友会名簿の発行(第3号)
留学生をバスツアーに招待
上海師範大学中国伝統古典民族楽器演奏団招聘
  平成12年
(2000年)
新食堂棟竣工に伴い世界時計を寄贈
  平成16年
(2004年)
体育館改修工事竣工に伴う緞帳・防球ネット設置
宮本輝ミュージアム設置に伴う募金活動
天神祭追手門学院奉拝船に助成
グラウンド・駐車場整備完成 平成17年
(2005年)
野毛洋子(10期生)コンサート開催
職域支部(追手門学院)結成
学生会館南側斜面にエスカレー ター完成
中央棟・6号館竣工
平成18年
(2006年)
 
学院創立120周年 平成20年
(2008年)
将軍山会館(校友会館)完成
  平成21年
(2009年)
京都支部結成
中・四国支部分離
中国支部、四国支部発足

ページTOPへ戻る