追手門学院大学校友会

HOME > 校友会とは > 校友会会則 > 評議員選出細則

校友会とは

ご挨拶 組織図 沿革 校友会会則 年間スケジュール

校友会会則

追手門学院大学校友会委員会委員選出細則

本会が設置する委員会委員(以下委員と言う)の選出について、本会会則の第14条に従って、ここに選任細則を定める。

  • 第1条本会が設置する委員会・事務局に委員を置き、所掌する事業を分担する。
  • 第2条委員会の委員は評議員中より、会長が委嘱する。
  • 第3条前条の評議員にて委員会の事業を分担・処理しきれない場合には、委員長・事務局長の推挙にて正会員より委員を推挙することが出来る。その場合の委員の任期は、現評議員の残任期間と同じとする。また、評議員会に陪席することが出来る。
  • 第4条前条に規定する委員の就任には、理事会の承認を経て会長が委嘱する。
  • 第5条委員会・事務局には、委員長・事務局長を置き、理事会の承認を得て会長が委嘱する。
  • 第6条この細則の改廃は、理事会の議を経て行うことができる。
  • 附則
  • 1. この細則は平成28年(2016年)8月8日より施行する。
ページTOPへ戻る