追手門学院大学校友会

HOME > 委員会活動 > 総務委員会

委員会活動

総務委員会

 

校友会活動の活性化・透明化への基礎づくり
総務委員会 野出 靖宏(83経済学部経済学科)

総務委員会では、『校友会活動の活性化・透明化への基礎づくり』をモットーに、 会則の見直しを中心に活動しています。
卒業生のみなさんが、母校のことをもっと想っていただけるように、校友会活動が身近に感じられ参加していただけるように、各委員会が活発に活動をしています。総務委員会では、この活動の後押しをするため現在の会則や諸規程について見直しを行っています。 校友会の活動を活発化していくことで考えられる諸問題について、 一定のルールで解決できるように会則の改正や新たな規程の制定を検討しています。
具体的には、卒業生が1期生(1970)~44期生(2013)までおられる中で、 校友会活動の中心的役割をお願いする評議員の方々や各支部で役についておられる方々の半数以上が1期生 (1970)~10期生(1979)の方々となっており、11期生(1980)~44期生(2013)までの 方々でもっと多くの評議員や各支部の役に就いてもらうにはどうすれば良いか。 校友会活動に伴う費用については、予算化するのは当然ですが、多くのみなさまに何にどう使っているのか 理解していただくための表記をどうすれば良いか等々です。
母校の追手門学院大学では、現在様々な改革を実施されています。 これは、18才人口の減少に伴い多くの大学が淘汰されていく中で、追手門学院大学が学生からは当然ながら 地域や社会からこれまで以上に必要とされる大学として変革していくものです。
この改革の中でも校友会・卒業生の存在が大きく注目され、卒業生のみなさまの活躍が大いに期待されております。 卒業生の活躍が母校の追手門学院大学が大きく飛躍する原動力となるよう校友会においても 卒業生のみなさまからのご意見やご指摘、お教示をいただき、会則をはじめ新たな制度づくりを行ってまいります。

ページTOPへ戻る
 

平成21年度総務委員長・事業委員長就任にあたって

去る7月19日(日)第1回目の総務委員会・事業委員会がそれぞれ開催されました。 総務委員長・事業委員長より就任にあたってご挨拶申し上げます。

総務委員長 大橋陽一

今回の役員改選に伴い副会長ならびに総務委員会の委員長の大役を背負うこととなりました。
前役員の努力で学院創立120周年記念事業の一環として当会の大きな事業の校友会館建設が無事達成することができました。
新しく完成した校友会館をより有意義に活用できるように今回選ばれた役員の皆様と一緒に色々な意見の交換を進めて行きたいと考えております。
総務委員会は正会員の皆様と校友会との緊密な関係を最優先の問題と考えて正会員の皆様の動向、即ち、より正確な名簿完備に努力してまいります。
この作業を進めることにより、東京支部、中四国支部 九州支部の各支部のより活発な活動を支援できると確信しております。
また、当会のさまざまな作業をお願いしております大学の庶務課ともより一層連絡を取り合って円滑な運営ができるよう協力していきたいと思います。
おおよそ総務は表だった活動はありませんが、総務委員会で色々な事柄を話し合い校友会活動が効果的に機能できるような議題の提案をしていきたいと考えております。
会員の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

ページTOPへ戻る

委員会開催報告

2016年10月
10/3  正副会長会
10/16 総務委員会
10/24 常任理事会
10/29 評議員会/総務委員会
2016年9月
9/5 正副会長会
9/12 常任理事会
9/24 理事会、評議員会
9/24 総務委員会
2016年8月
8/ 8 正副会長会
8/22 常任理事会
8/27 評議員会
8/27 総務委員会
2016年7月
7/23 常任理事会
7/30 評議員会
7/30 事務局・総務委員会
2016年6月
6/6 正副会長会
6/20 常任理事会
6/25 評議員会、総務委員会
2016年5月
5/9 正副会長会
5/23 常任理事会
5/28 理事会・評議員会・委員会
2016年4月
4/4 正副会長会
4/18 常任理事会
4/23 評議員会
2016年3月
3/7 正副会長会
3/14 常任理事会
3/27 理事会・評議員会
3/27 委員会・評議員選出委員会
2016年2月
2/8 常任理事会
2/13 理事会
2/22 正副会長会
2/27 評議員会 
2016年1月
1/30 総務委員会
1/30 評議員会  2号評議員選出委員会
ページTOPへ戻る