追手門学院大学校友会

HOME > 個人情報の取扱いについて

個人情報の取扱いについて

平成17年4月より個人情報保護法が施行され、校友会と致しましても会員みなさまの個人情報について安全な管理措置を講じたいと存じます。
会員データにつきましては、校友会および学校法人追手門学院に関係することのみに利用いたしております。
会員データは校友会の活動の基盤であり、何よりも正確であることが要求されますので、本会は未達郵便物などの追跡などで情報の収集を図ってきました。
しかし、個人情報保護法が施行され、個人情報の保護が重要な課題となっており、どのように個人情報を管理するかが問題となっています。
本会は会員データの使用を本会の目的以外には使用しませんが、本会は会員の個人情報保護のため、公開する場合は公開される個人情報の範囲を的確に限定し、 情報提供者である会員の利益を守りつつ、校友会の活動に必要な情報を確保するという意図をもってデータ管理を行っています。同時に会員データの情報収集方法および使用に制約を設けるとともに、 管理運営を厳格に行うことにより、個人情報がみだりに外部に遺漏されないように万全の対策を執っています。
本会は同窓会・ゼミOB会の開催など目的が本会の目的と同一の場合に限り、会員からの書面による請求に基づき会員データの一部を公開することがあります。
今後とも、会員の皆様各自が会員データ管理の趣旨に対する認識を深めていただき、情報提供にご協力いただくことが会員データ充実のために必要だと考えています。

非公開希望の場合は
今回の個人情報保護法の施行に際し個人情報の取扱いには万全の対応をいたしていますが、万一、情報の非公開を希望する会員は、 校友会会長あて文書において告知してください。住所を抹消させていただきます。
告知なき会員は本会の理解を承認頂いたものとして取扱いますので宜しくお願いいたします。
なお本会におきましては、今後は名簿を発行する予定はありません。

ページTOPへ戻る