創立50周年募金について

  • 2014/08/01

20148月吉日

追手門学院大学卒業生のみなさまへ

母校創立50周年記念事業募金へのご協力のお願い

追手門学院大学校友会
会長 林田 隆行

謹啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
平素は校友会活動にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
母校、追手門学院大学は、1966年、天野学長のもと、安威の丘に開学し、48年が過ぎました。
2学部4学科、入学者517名でスタートした母校も、今や5学部8学科となり、学生数も6,500名を超えるほどの発展を遂げています。これもひとえに、母校教職員のみなさまの頑張りとともに、卒業生のみなさまがそれぞれのお立場で、社会に身を立て、名を挙げてご努力いただいているお蔭であると思います。ありがとうございます。
さて、社会を取り巻く環境は、少子高齢化の影響で、大学運営もますます厳しい状況を迎えようとしています。このような状況の中で母校は、2016年に、創立50周年を迎えます。
創立50周年は、100年に向けた「第二の開学」と位置づけ、更なる発展を目指し、新学部の設置や新キャンパス構想などを立案実行されようとしており、これにあわせて、別添の趣意書のように母校は追手門学院大学創立50周年記念事業募金をはじめておられます。また、本年の7月よりインタネットを利用して、24時間365日、ワンストップで募金できるシステムを導入されました。ご活用していただければ幸いに存じます。
つきましては、母校のさらなる発展へ向けて、卒業生のみなさまには大いなるご支援を賜りたく、校友会会長として伏してお願い申し上げる次第でございます。
みなさまの母校への思いを、ご芳志としてお寄せいただきます様、心からお願い申し上げます。

謹白

事務局よりご案内

大学創立50周年記念事業募金をインターネットのWEBサイトを利用しましてカードにて決裁ができる「募金システム」が導入されました。
大学ホームページの創立50周年記念事業「インターネット募金ご案内」(下記URL:)を開いていただき、ご利用のほどお願いいたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。

創立50周年記念事業募金のホームページ