2016年度ホームカミング・デーのご報告

  • 2017/01/20

追手門学院大学校友会会長 林田 隆行

今年2016年は、大学創立50周年の年になりました。 大学校友会では年度はじめから、すべての行事に50周年記念と冠をつけて活動を続けてまいりました。その集大成となる活動がホームカミング・デーということになりました。

今年のホームカミング・デーは昨年までの、「校友会総会」、「懇親会」、「大同窓会」という三部構成を進化させ、「大同窓会」を「学部同窓会」と「クラブ同窓会」にわけた4部構成といたしました。

「学部同窓会」は、各学部長をはじめとする先生方が積極的に関わっていただき、新旧の卒業生と懇談を持つ各学部独自の取り組みを展開いただき、それぞれに盛り上がりを見せた学部同窓会になったと思います。学部長はじめご担当いただきました先生方に心から御礼申し上げます。来年度はさらに多くの卒業生が楽しめる充実した学部同窓会となります様、さらなるご努力を何卒よろしくお願い申し上げます。

ホームカミング・デーにご参加いただきました卒業生のみなさん、ご出席いただきまして誠にありがとうございました。このホームカミング・デーを通じて、旧友や恩師との旧交を温めていただき、創立50周年を迎え、さらなる発展を目指して取り組んでおられる母校への思いを、高めていただく場となればと念じております。

来年も同期のみなさんをお誘いあわせに上、ぜひまたご参加いただきます様お願い申し上げます。ありがとうございました。