東海支部

東海支部の活動報告

東海支部長 髙井 郁子

去る9月9日日曜日、平成8年以来16年ぶりに東海支部の定期総会を開催することができました。私事で申し訳ないのですが、身体を壊し伏せっている間に、いたずらに時だけが流れてしまいました。 初夏の頃より、そろそろ支部総会の準備をするよう、校友会本部からお達しもあり、本部から通知のハガキは出していただいたものの、どのようにすれば支部の皆さんに、お一人でも多くご参加いただけるか考えあぐねているうちに、期日が迫ってしまいました。

さて迎えた当日、名古屋駅近くのキャッスルプラザに坂井学長、野出様を学院からお迎えし、平野会長ほか校友会役員の皆さま、京都、東京、九州の各支部からもご参加賜り、そして東海支部からの参加者5名とともに、総勢17名にていよいよ開催と相成りました。
久々の開催ですので、まずは校友会活動や支部の実態などの報告に始まり、自己紹介など会員相互の懇親を主とした会になりましたが、学院関係の皆さまや校友会役員の皆さまとも和気藹々とした雰囲気の中、東海支部総会をとりあえず挙行することができました。
今後の課題と致しまして、少しでも多くの支部の皆さんにご参加いただけるよう、校友会支部活動のこと等ご理解賜りますよう努力していかなければなりません。最後になりましたが、会場設定から当日の司会まで、名古屋にいらっしゃる三宅さんにすっかりお世話になり感謝しております。皆さま、本当に有難うございました。

9月9日(日)正午より、約16年ぶりに東海支部総会を名古屋駅前のキャッスルプラザにて開催いたしました。
髙井東海支部長、平野会長の挨拶に続き、坂井学院長・学長より、ご挨拶をいただきました。総会終了後、引き続き懇親会に移り、支部会員をはじめ参加の学院関係者、校友会役員が、食事をしながら懇親を深めました。短い時間でしたが終始和やかな雰囲気の中、盛況のうちに幕を閉じました。

 

四国支部長 中川 純(21期生 文学部社会学科)

 2012年度四国支部総会が、旧善通寺偕行社会議室にて9月2日(日)坂井新学長をはじめ学校関係者・校友会関係者が多数参加し開催された。
中川支部長は、「四国支部はまだまだ駆け出しであり、総会に参加する会員も少ない状況ですが、香川県でしばらく総会等を行い香川県内の会員の掘り起こしから始めたいと思います。そして、5年後には四国四県持ち回りで総会が開催できるように活性化したいと思います。」と挨拶をされた。
総会の後には、香川の名物「さぬきうどん」に舌鼓を打ちながら参加者が交流を深め、盛会のうちに閉会した。